◆司法書士 独学者のテキスト 商業登記法 登記できない事項の研究 書式で必ず問われる! / 司法書士試験 独学で合格!

2008年06月20日


◆司法書士 独学者のテキスト 商業登記法 登記できない事項の研究 書式で必ず問われる!


  商業登記法 登記できない事項の研究  Wセミナー

  書式で必ず問われる「登記できない事項」

さすが、山本先生ですね。試験対策でもあり、形式的に感じる会社法の本質を理解できる数少ない受験テキストです。
登記できない事項。
条文にないから、違反しているから というのがまずありますが、
なぜ、条文がそうなっているか?
誰のため(誰の利益になる)条文かを説明されています。
会社法は明治時代から延々と続く民法ではなく、
日々競争の激しい実社会のルールです。アメリカ、中国と戦っていく会社の仕組みを律する法律です。
ライブドア事件、外資の日本参入等いろんな出来事に対応が必要な法律です。
これと、「なるほど会社法」を合わせて読むと 「形式的」な会社法の本質がすこしずつ、わかってきました。








PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金| 社労士,大阪,伊丹,神戸,会社設立| 社労士,大阪,伊丹,神戸,職業紹介業認可| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ| りんご通販| 世界の名画,複製|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。